Action 5 - Japan Group

Version 1

    行動 5

    Bring Equality home, too/家庭でも男女平等を実践

    私たちは皆、ワーク・ライフ・バランスを必要としています。しかし、調査によると、女性の方がワーク・ライフ・バランスを達成しづらい場合がある、という結果が出ています。また、女性は仕事から帰宅後、夫やパートナーよりもずっと多くの家事をこなしている、という調査結果もあります。つまり、外に出て働いている女性は、多くの場合、2つのフルタイムの仕事を抱えているのです。私たちは、こうした状況に目を向けることで変化をもたらすことができます。そのために、どのような機会があるでしょうか。

     

    Why does this matter? /この問題の重要性

    ある調査から、女性は夫やパートナーの3倍に当たる時間を料理、掃除や洗濯などの家事に費やしていることが分かりました。また、女性が家事に費やす時間は、男性よりも一週間あたり3時間多い、という調査結果もあります。

    こうした不平等によって、女性と男性双方とも、互いのパートナーや子供と接する時間が少なくなる場合があります。特に男性は、自分たちが望むほど家事に関われていないようです。

     

    You can make the difference/変化をもたらすためにできること

    皆さんとパートナーの間で、互いのワーク・ライフ・バランスに注意を払い、どうしたら改善できるか率直に話し合ってみましょう。

    皆さんが男性か女性かに関わらず、パートナー/配偶者と育児や家事負担の取り組みについて真のパートナーとして話し合ってみましょう。